アルコールは私に何をしますか

私はアルコールとの愛/憎しみの関係があります。

私は1杯か2杯飲むのを楽しむことがありますが、それからアルコールを飲むという考えが嫌なときもあります。

過去数年にわたって、私は飲むアルコールの量を減らしてきました。大学で旅行をしていたときは、よく飲んでいました。

振り返ってみると、私は愚かな量のアルコールを飲んでいました。そうすることには本当に意味がありませんでした。

問題は、英国の飲酒文化が深く染み込んでいるので、もしあなたが物に触れなければ、あなたはパリア人であるということです。

飲酒を控えた理由の1つは、アルコールが私に与える影響です。

酔っているとき、私は自分が好きではありません。酔っ払った私は、私が毎日どのように過ごしているかに似ていません。

私は内省的で控えめで、たぶん恥ずかしがり屋です。アルコールを飲んで特定の酔っぱらい状態になると、上記のすべてが窓から消えます。

これは私たちのほとんどに当てはまると確信していますが、それでも不快な事実です。酔っ払ったときにやったことがたくさんありますが、好きではありません。振り返ってみると、私は何を考えていたのだろうかと思わずにはいられません!

それはすべて楽しみの名の下にあったのでしょうか?それは価値がありました?ポイントは何でしたか?

英国に行ったとき、翌朝すぐに尋ねられることの1つは、良い夜だったのですか?

昨夜の事件や出来事について詳細に議論し、それから「おやすみ」かどうかについて全員が評決を下します。

「おやすみ」を構成するものは、誰かが愚かなことをしていることから、誰もが自分の名前を思い出せないほどhammerられていることなどです。

私はこれらの夜の多くに出かけました。私はまた、何度も愚かなことをしてしまった人です。

あなたの仲間の愛情を得て、あなたがしたことの伝説と呼ばれるのは良いことですが、私はこれらのことのいくつかを振り返り、うんざりします。

ある事件は、トナカイのワンシーに身を包んだ友達と出かけたときでした。私は酔って蒸していました、私はこの時点でほとんど目を覚まし続けることができませんでした。

なんらかの理由で、ケチャップを顔全体に絞ってハンニバルレクターのふりをすることを余儀なくされました!

この事件は、今日まで私の友人から多くの笑いを呼び起こしますが、私はそれを振り返ってひるむ。

私は当時5歳若かったです。今のように成熟していませんでしたが、私は何を考えていましたか?

それは私が当時どのようなものであったかを示す愚かな出来事でした。別の事件は、私がバルセロナに住んでいたときに起こりました。

私は仲間の先生と一緒に飲み物を飲みに行き、少しだけワインを飲みすぎていました。私はアパートに戻り、フラットメイトと出かけました。

より多くのアルコールを飲んだ後、私は盲目の酔っぱらいの状態になりました。今でも、何が起こったのかほとんど思い出せません。

私が覚えているのは、バルセロナを歩き回ってアパートに戻り、ビール缶を蹴ったとして警察に逮捕されそうになったことです。

翌朝、残酷な二日酔いと電話の紛失で目が覚めた。ポイントは何でしたか?

飲酒のために見せなければならなかったのは、ひどい頭痛と新しい携帯電話の必要性だけでした。

酔っ払っているとき、私はすべての良識を失い、馬鹿になります。これは私が私の人生をどのように生きたいかということではありません。酔ってバカなことをしたくはありません

それは何を証明していますか?

最も飲むことができる人であることには誇りがありません。最も愚かなスタントを行うことができるものであることで発見される喜びはありません。

アルコールが関与しているときに自分の価値を自分の行動に結びつけることは、あなたの人生を生きる愚かな方法です。人生のこのような些細な部分にすべての尊敬を置くには短すぎます。

私が18歳のとき、大量飲酒は楽しく、初めて合法的に飲んでいましたが、今は意味がわかりません。

好きではない人や気づかない人になってしまうような大量の液体を飲む必要はないと思います。

週末に住んで月曜日に目を覚ますと、あまりにも多くのアルコールの影響を感じていることは、私がもう経験したくないことです。

人生は短すぎて、私がまだ大学にいるように振る舞うには責任がありません。酔った分身に変身するよりも、心の均衡を保ちたいと思います。

飲み物を少し飲んで、自分の殻になる段階に行かないことで、自分が楽しめることを実感しました。

30代や40代になりたくなくて、20代前半のアルコールを使ったときと同じことをしていることに気づきません。

人生とは成長と自己認識であり、より良い人間になり、自分にとって良くないことがわかったときに同じ悪い習慣を引き継ぐことではありません。

私が成し遂げたいことはたくさんありますが、それらを犠牲にして「おやすみ」をすることは時々価値がありません。

アルコールを飲むのをやめたくはありませんが、私は時々奇妙なパイントを楽しんでいます。飲み過ぎの日々は終わりました。

アルコールを控えることは答えではなく、責任を持って飲むことが答えです。

そうすれば、自分を振り返るのが気に入らなければ、奈落の底をじっと見つめる必要はありません。

過度のアルコール摂取は、私を嫌いな人や気づかない人に変えます。その人に別れを告げる時だと思います。